テラビットの世界を作ろう!MagicaVoxel入門ガイド

はじめに

MagicaVoxelというフリーのボクセル作成ツールを用いることで、自分だけのキャラクターや動物、様々なオブジェクトをデザインすることができます。

現在、詳細は未定となりますが、テラビットの世界で皆様が作ったボクセルモデルを登場させることができるようにすることを検討しております。テラビットをお楽しみ頂きながら、同時にMagicaVoxelを用いて自分だけのキャラクターなどを作成されてみてはいかがでしょうか。



この連載記事では、MagicaVoxelの導入から、テラビットの世界を構成するブロックの作り方を紹介していきます。
オリジナルブロック作成コンテストに皆様が作成したブロックを応募頂くことで、テラビットの世界観が広がる可能性がありますので、ぜひともMagicaVoxelをお試しください。

この記事を読んでいくと、最後にはこのようなブロックが作れるようになります。

目次:
① MagicaVoxelとは?
② MagicaVoxelのインストール方法
③ ブロックを作る前の準備
④ ブロックの作り方

MagicaVoxelとは?

MagicaVoxelとはフリーのボクセル作成ツールです。
ボクセル作成は、ボクセルという箱を使って立体物を形成していくため、積み木やブロックのように、直感的にキャラクターや造形物を作成することができます。

公式サイト:https://ephtracy.github.io/

Magica Voxelのインストール方法

① 公式サイト(https://ephtracy.github.io/)にアクセス。

② Download 0.99.6.4 (Latest) を選択。

③ 利用されているPCがWindowsの場合、「MagicaVoxel-0.99.6.4-win64.zip」を選択し、MagicaVoxelをダウンロードしてください。
(Macの場合は:「MagicaVoxel-0.99.6.2-macos-10.15.zip」を選択してください。)

※MagicaVoxelの開発状況によってバージョンが変わることがあります。

④ ダウンロードしたzipファイルをダブルクリックで展開し、フォルダを開く。

⑤ フォルダの中にある「Magica Voxel」のアイコンをダブルクリックすると、Magica Voxelが起動し、モデリング画面が表示されます。

MagicaVoxel モデリング画面

ブロックを作る準備をしよう!

テラビットのボクセルは色やパターンが決まっています!

まずは、テラビットで使用しているブロックのデータ「block.vox」をこちらからダウンロードし、任意の場所に保存してください。

block.voxのダウンロード:https://teravit.app/wp-content/uploads/2021/09/block.vox

ダウンロードが完了したら、画面右上の「フォルダアイコン」から、ダウンロードしてきたデータ「block.vox」を選択して開きます。

【POINT】
MagicaVoxel.exeが保存されているフォルダ内にある「vox」フォルダにデータを保存しておけば、画面右側のProject一覧から作成したボクセルデータを選択することも可能です。

データを読み込み、下の画像の様な状態になれば準備完了です。

実際にブロックを作ってみよう!

今度は実際に、テラビットで使用されているブロックを作成してみましょう。

1. ブロックの描きこみ
ボクセルに絵柄や色を塗ってオリジナルのブロックを作ります。

① 「カラーパレット」の右隣にある「ブラシツール」の中から、色を塗るための 「Paint」 を選択します。

② 次にブラシタイプを選択します。まずはドラッグで簡単に直線が引ける、左上のブラシを選択します。

↓ブラシツール

③ カラーパレットから好きな色をクリックして選択します。

④ この状態でブロック(オブジェクト)をクリックすると、ペイントツールで選択した色を塗ることができるので、好きな柄や絵を描きこむ事ができます。

視点操作方法

回転 右クリック+ドラッグ
平行移動 中央ボタン+ドラッグ
拡大縮小 マウスホイール

オススメのブラシタイプ

ドラッグで直線が描けるブラシです。
一般的な鉛筆の感覚で描くことができるブラシです。
選択した面と同じ色の部分を一気に塗ることができるブラシです。

④ 色々なブラシタイプを試し、描きやすい角度になる様に視点を調整しながら図や絵を描き、オリジナルのブロックを作成してみてください。

⑤ 描き終わったら、オリジナルブロックの完成です。

2. 作成したブロックを保存しよう
作成が完了したら忘れずに保存してください。

・作成物の保存は、画面右上の「フロッピー型のアイコン」をクリック。もしくは、「Ctrl」+「S」(macの場合は「Cmd」+「S」)キーで行えます。
※任意のファイル名で、Magica Voxelアプリと同じフォルダ内にあるvoxフォルダの中に保存しましょう。

・保存したブロックは画面右上のメニューにある「File」ツールからいつでも読み込むことができます。

以上が、MagicaVoxelを使った、テラビットの世界で活用できるブロックの作り方です。

作成されたファイルをオリジナルブロック作成コンテストの応募方法に従ってご応募頂きましたら、αテスト終了後にコンテストの結果を発表させて頂きます。多くの方のご応募をお待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました